禁煙友愛会やチャンピックス効果で肺がんリスクを軽減

たばこの煙は肺に与える影響が大きいと考えられており、肺がんの原因ともなります。
日本人は肺がんの発症率が高いですので、十分に注意する必要があります。
長野県には日本禁煙友愛会の本部が設置されており、1955年に設立されて以降、様々な禁煙活動を行っています。
1999年には日本禁煙友愛会は世界保健機関から表彰を受けており、3都県で65支部が運営しています。
日本禁煙友愛会の会員は、3万2000人を超えています。
禁煙の効果を高めるために、各地の医療機関では禁煙治療が開始されており、様々な治療を受けることができます。
従来までの禁煙指導とは異なり、現在では禁煙補助剤のチャンピックスを使用した治療が主流となっています。
チャンピックスはアメリカの製薬会社によって開発された医薬品で、2008年から日本で承認されたために使用されています。
チャンピックスは日本で初めての経口禁煙補助剤となっており、それまで使用されていたニコチンガムなどの禁煙補助剤とは異なるものとなります。
チャンピックスにはニコチンと似た構造があるために、禁煙することで起こるイライラや集中力が散漫になる症状、気分の落ち込みなどの離脱症状を軽減させることができます。
チャンピックスが先にニコチン受容体と結合しますので、たばこを吸った場合であっても、ニコチンが受容体と結合することを妨げます。
この効果によって、喫煙をしても満足感が得られなくなりますので、禁煙の成功率を引き上げることが可能になります。
チャンピックスを服用することによる治療は、12週間行う必要がありますので、自己判断で服用を止めないようにすることが禁煙を達成するために大切です。
チャンピックスの処方は、医療機関を受診することで医師の判断によって行われます。