タバコへの依存度テストとチャンピックスの効果

「やめようと思えばタバコは簡単にやめられる」、このように考えている喫煙者は少なくないはずです。確かに禁煙の為には単純に我慢をすれば良いだけですので、簡単にやめられるものと考えてしまうものです。
しかしタバコへの依存度が高いとそう簡単にはやめる事はできません。そしてどの程度の依存度であるのかを調べる為にも依存度テストを利用してみる事をおすすめします。
例えば、「病気になっているにも関わらず喫煙をした事があるか」、「本数を減らそうと試みてできなかった事があるか」などの問いに答えていくだけのテストですが、これによってどの程度タバコに依存しているのかを確認する事ができます。そしてもしテスト結果で依存度が高いと判定された時には禁煙には苦労するはずです。
依存度が高ければそれだけ精神がタバコを求めているという事ですが、単純に我慢すればやめられるというものではなくなっています。しかし依存度が高くてもチャンピックスを活用する事でスムーズな禁煙ができる可能性があります。
禁煙の為の専用治療薬であるチャンピックスは二つの効果に期待する事ができるのですが、一つは離脱症状を軽減させる効果があり、もう一つはタバコを不味いものと認識させてくれる効果です。この二つの効果によってタバコをやめられる可能性がアップしますし、実際にチャンピックスは利用された方の半数程度は禁煙ができたとされています。非常に有効性のある治療薬ですので、タバコに深く依存してしまっている方に最適の治療薬と言えます。
ただし利用者の全ての方が禁煙ができた訳ではありません。半数は失敗している訳ですので治療薬を利用しているからと油断せず、できる限りの対策を併せて行って万全の姿勢で禁煙に励むようにしましょう。