チャンピックスの特徴と煙草を止めたい人のチラシ広告

病院の中に禁煙外来のお知らせチラシが置いてあるところが在ります。
禁煙外来と言うのは自分の意志だけでは禁煙が出来ない人が専門医の指導や禁煙補助剤のチャンピックスを利用して禁煙治療をしていくための診療科であり、そのチラシは喫煙者に対して発信しているチラシ広告なのです。

禁煙をしたい、でも一人で禁煙することが出来ないと言う時、専門医に相談をする事でチャンピックスを使っての治療を受けることが出来るのです。
但し、禁煙外来と言う診療科は全ての病院に在るわけではありませんので、禁煙外来の診療科を持つ病院を探す事が大切です。

煙草は肺がんのリスクと脳梗塞のリスクを高めると言われています。
また、煙草の煙にはニコチンやタールなどの有害物質が含まれており、この煙を他の人が吸い込む事で喫煙者と同じような病気のリスクを背負う事になります。

チラシの中には煙草を止めるためのステップなどが記されているのですが、禁煙外来では幾つかの禁煙補助剤が利用出来るようになっています。
中でもチャンピックスは禁煙の成功率が高いと言われている医薬品で、薬の量を徐々に増やす事で煙草を止めることが出来るようになると言います。

また、チャンピックスは処方を受けて使用開始となった段階から7日目までは喫煙が許されると言う特徴を持ちます。
禁煙を開始するとニコチン依存度が高くなるのですが、7日目までは薬の量が少なく喫煙に対する依存度が高くなるため、どうしても煙草を吸いたくなった時は吸っても良いとしているのです。

尚、8日になると薬の量は4日目以降よりも倍の量になるので、ニコチン依存を引き下げる作用を期待出来るため、この時点で完全な禁煙をする事になるのが特徴です。